<上達のカギ>片腕より両腕で
0
    ピアノはよく、「片手ずつ練習しましょう」と指導されることがあります。
    実際に私も、そのように片手ずつ練習することもあれば、
    両手同時に練習することもあります。

    しかし、本日の毎日新聞によると、科学的には「両手同時に練習する」の
    ほうが脳の働き方からの観点では効率的なのだそうです。

     社会ニュース - 10月9日

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    <上達のカギ>片腕より両腕で 運動、楽器など

     上達のカギは「バランス」?
     
     運動や楽器演奏で同時に両腕を動かすことを学習する場合、
     片腕ずつ練習してもさほど上達が見込めないことを、東京大とカナダ・クイーンズ大の
     共同チームが実験で見つけた。
     
     スポーツや音楽の練習のほか、まひした腕のリハビリを効果的に進める
     ヒントになりそうだ。
     米科学誌「ネイチャー・ニューロサイエンス」電子版に9日発表した。
     
     東京大大学院教育学研究科の野崎大地・助教授(身体教育科学)らは、
     左腕に一定の力を加えて動かしづらくしたうえで、動く標的に左腕、あるいは両腕を
     伸ばして触る実験を繰り返し、効果的な学習の手法を調べた。
     
     その結果、左腕だけを使い標的を触れるようになった後、右腕も同時に動かすと、
     左腕の成績は7割まで落ちた。
     
     順番を逆にして、両腕を動かしながら左腕で標的に触れるようになった後、
     左腕だけを使うと、同様に7割の能力しか発揮できなかった。
     この傾向は利き腕に関係なく見られた。
     
     研究チームは、
     
     片腕だけを動かして覚える時と、両腕を動かしながら覚える時の脳の働き方が違う
     
     と推定。
     
     片腕ずつ技術を身に着けていく練習では100%の力を発揮できない可能性がある、
     
     と分析した。
     
     野崎助教授は「両腕をバランスよく使うことが重要。
     片腕ずつ練習するにしても、もう片方の腕を動かしているイメージを常に持ち続ける
     と効果的だろう」と話す。
    ピアノ上達のヒント | - | - | - | -
    entry_bottom
    ピアノのDVD
    0
       このブログをご覧の方は、私がピアノのDVD「アートオブピアノ」を、この上なくヤバイくらい評価しているのをご存知だと思います。

       このDVDで注目すべきは、ズバリ、偉大なピアニストのピアノ奏法。
       つまり、キレイな音の秘密を見抜くこと。

       どういう手の形で、アノ音を出しているのか?

       力の入れ方、抜き方、指の角度、イスの高さ&奏者のピアノとの距離など、その映像にはいくつもの宝が詰まっています。

       普通のDVDには、ピアニスト1名しか映っていませんが、このDVDには、総勢20人弱の偉大なピアニストの映像が詰まっていますから、キレイな音の秘密を探り出す分析には最適。

       実は、このDVD以外にも、いくつかピアノのDVDを持っています。
       アートピアノの次に良かったのは、「伝説のルガーノ・リサイタル」

       これは、世界的なピアニストである ミケランジェリ (ポリーニやアルゲリッチの師匠) の演奏の映像が収録されています。

       先のアートオブピアノのDVDの中でも、ミケランジェリの映像はあったのですが、カメラの角度が手元をあまり写さない角度だったので、

      「さすがいい音出すなぁ〜、どんな弾き方してるんだろう?」
       と思いながら、ほんのわずかしか手元の映像を見れずにいましたが、このDVDでは、その手元の映像がバッチリ!

       ピアノ奏法の研究は、この2枚を参考に、それぞれの「いいところ」をうまく取り入れて、自分のものとして吸収していけば、大ピアニストの音があなたの指から! ……とはならないかもしれませんが、それまでの自分に比べて、ピアノの音は格段にキレイになると思います。

       キレイにならなければおかしいんです!
       だって、最高のお手本を目の前にしているのですからね。

       あとは、どれだけ注意力を持って、その映像から「宝」を掘り出せるか?

       ちなみに、本日アマゾンから届いたDVDは、価格が2000円台だったので、あまり期待しないで注文したのですが、
      これが意外に良かったのです。お買い得。


       ピアノ奏法の研究には向かなかったのですが(アートオブピアノのほうが圧倒的に上だった)、期待していたのはピアノ奏法ではなく、収録曲。

       なんと収録曲が、ショパンのエチュード全曲とプレリュードとソナタなんですね。

       これはいい!!

       ショパンエチュード全曲の映像っていうのは、なかなか見れる機会はないので、早速見て早速驚きました。

       「ひゃー、あの曲の指は、こうなっているのか!」と。

       もちろん、「別れの曲・黒鍵・革命・木枯らし・大洋・蝶々」も全部入っています。なんといっても、ショパンエチュード全曲ですから。

      <ショパン・ピアノ・ミュージック>24の前奏曲/12の練習曲Op.10&Op.25/他

       これは、安いのでぜひお手元においてみてください。

       このようなDVDは、「後で買おう」と油断しているとすぐに「廃盤」になってしまいますから、入手できるうちに買い! です。

       オススメ順

      1.「アートオブピアノ」−20世紀の偉大なピアニストたち−
      2.「伝説のルガーノ・リサイタル」
      3.ショパン・ピアノ・ミュージック
      ピアノ上達のヒント | - | trackbacks(0) | - | -
      entry_bottom
      常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションである
      0
        常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションである

        これは、アインシュタインの名言です。

        ですから、あのような「偏見」のない髪型をしていたのでしょうが(笑)

        さて、この名言で重要なのは、何でしょう?

        上の言葉に「常識は悪い」とはどこにも書いてありません。
        ただ、「コレクションである」と書いてあるだけ。

        しかし、

        自由な発想を持って、今までの常識の壁を打ち破ろう!

        というような意味を読み取ることが出来ます。
        常識は尊重する。その上で、自分はそれに縛られない。

        一番簡単な例は、「なぞなぞ」ですね。
        子供なら、簡単に答えられる問題なのに、大人には逆に、とても難しい問題ってたくさんあるんです。
        偏見のコレクションがたくさんたまりすぎてしまって。

        試しにチョット挑戦してみてください。あなたはいくつ答えられますか?
        正解が0の人は、偏見のコレクションにガンジガラメになっちゃってますから、気をつけてくださいね(笑)

        Q1
         朝には絶対食べられない物が2つあります。それは何でしょう?

         これは難問でしょう? うおっ何だ? と食べ物の名前でそれらしき名前を次々と考えてみても、それらしき名前は結局何も思い当たらない。
         
         でも、答えを聞いて……

         答え: 昼食と夕食

        Q2

         雲と空の間には何があるでしょう?

         これも難問でしょう? 苦し紛れに、「太陽? 飛行機? 鳥?」と答えた人は多いでしょう。でも、本当の答えは……

         答え: 「と」の文字。


        Q3
         画家が書いたその絵を,皆「素晴らしい」と絶賛しましたが
         画家は「この絵は失敗作だ」と言いました。なぜでしょう?
         
         大画家だから、評論家が素晴らしい作品と認めても、本人にとっては思い通りにはいかなかったのかな? と思うのが普通ですよね? でも本当の答えは……

         答え: 絵の題名が「失敗作」だった。

        Q4
         下の暗号を解いて,その質問に答えて下さい

        「あいちたごんすしごちんうはごいんごくあつう」

         答えは、8。この暗号は「いちたすしちはいくつ?」なんです。
         その理由、わかりますか?

        Q5
         5人でかくれんぼしてます。2人見つかりました。残り何人でしょう?
         
         大人の頭なら、反射的に5−2=3 と答えを出します。
         しかし、これはなぞなぞ。
         何か引っ掛けがあるに違いない! と思って、もう一度考え直す。

         それで、正しい答えがようやく分かりますが、子供だったら一瞬で「2人」とわかります。
         なんで2人? どういうこじつけ?

         これは、こじつけでもなんでもなく、

        「5人でかくれんぼ=鬼1人+子4人」

         そのうち子が2人見つかったから……子の残りは?
         
         参考リンク(今回引用した、なぞなぞ問題の配布元)
         http://www.biwa.ne.jp/~ken-nose/nazo/
         
         
         どうですか? ココでもう一度、アインシュタインの名言を思い出してください。
         
         
         常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションである
         
         
         その意味が、実感としてお分かりいただけると思います。
         なぞなぞに限らず、固い頭では、発想の幅が狭くなってしまうのですね。
        知って得するお話 | - | - | - | -
        entry_bottom
        電子ピアノの利点
        0
          今回は、本物のピアノと電子ピアノ、どちらで練習したほうが上手になれるか
          というテーマです。

          これはもう、ピアノの先生も、ピアノの上級者の方も、口をそろえて
          「そりゃアンタ、本物のピアノに決まってるじゃないのさ!」
          と言うでしょう。

          実際、ピアノに詳しい人ほど、本物の優位性を強調されると思います。
          それが「常識」の視点です。

          しかし、その反対の場合、すなわち
          「電子ピアノで練習したほうが、本物のピアノで練習したときより上手になれる」
          ということもあるのです。

          (注) 

           演奏用の「楽器」として、ピアノと電子ピアノを比較すれば、ピアノの優位性は間違いありません。
           しかし、「楽器」としてではなく、「ピアノ上達のための練習環境」として考えた場合、
           お住まいの条件によっては、本物のピアノよりも電子ピアノのほうが良い結果をもたらすこともあるのです。


          それはなぜか? というと……。
           
          「買うなら絶対本物のピアノを!!」

          という意見は常識の視点です。しかし、この場合、前提条件が2つ必要です。

          1.そのピアノがきちんと調律されていて、音程もタッチも狂いがなく正確である。
          2.夜に大きな音を鳴らしても、近所から苦情を言われない。

           まず1番について。
           
          本物のピアノは毎年、音の狂いを直す調律が必要になります

          ……が、これが毎回1万円以上かかります。かなり高いのですね。毎年の維持費が。
          で、新品を購入されて最初の2年くらいは、皆さんキッチリ調律するのですが、3〜5年と経過するうちに、だんだんこの調律のお金がもったいなく感じてきます。「調律が面倒」ではなく、「お金がもったいない」なのです。

          そして、お金がもったいないから、普通の人は、少々音が狂っても、そのまま我慢しながら弾いてしまう。
           
          結果として、本物のピアノで練習していながら、「これでは電子ピアノより音がひどい」ということも、よくあるのです。
           
          上級者であれば、毎年の調律は必ず行いますし、ピアノの先生や音大を目指す人などは半年ごとに行う方も多いでしょう。でも、普通に趣味としてピアノをやっている方は、「お金がもったいなくて、もう何年も調律していない」という方も多いですよね?

          ですので、「本物のピアノのほうが絶対上達する!」という意見は、もちろん正しい場合も多いのですが、ただ条件によっては、それに当てはまらない場合もあることを覚えておいてください。

          (音大目指す人は、本物でないとダメですが、趣味の人は、電子ピアノのほうが良い場合も多いのです)

          1.そのピアノがきちんと調律されていて、音程もタッチも狂いがなく正確である。
          2.大きな音を鳴らしても、近所から苦情を言われない。

           今度は、2番について。
           
           楽器の場合は、普段から練習をしないとなかなか伸びられません。

           本物のピアノの場合、防音室とセットでないと、「家族や近所への迷惑」が気になってしまい、なかなか思い切り練習ができません。

           例えば、夜中の11時に、「なんだか急にピアノが弾きたくなったゾ。それも、情熱的な激しい曲を、ド派手に思いっきり!!」と感じても、本物のピアノならそれが制限されてしまいます。

           たとえ休日昼間であっても、家族がTVを見ている時間、家にお客様が来ている時間など、練習したくてもピアノの練習を制限される部分はたくさんあります。

           ここでの、プラス面、マイナス面を比較すると、初心者の立場なら電子ピアノが有利なことも多いのです。
           
           一番いいのは、「本物のピアノも、電子ピアノも両方持っている」あるいは、「サイレント機能付のピアノを持っている」ですが。

          関連リンク……電子ピアノで練習するコツ
          知って得するお話 | - | trackbacks(1) | - | -
          entry_bottom
          ヤマハピアノ
          0
            国産最古と思われる、グランドピアノが奈良女子大の倉庫で発見されたそうです。

            当時のヤマハは、創業当初(第一次世界大戦前)ですから、今と違って機械製ではなく、全て手作り。
            職人としての魂が込められているのを感じる写真ですね。



            関連リンク……日本のピアノ史
            その他 | - | trackbacks(3) | - | -
            entry_bottom
            読書の秋
            0
               ピアノが上手になる☆超簡単ヒント集の管理人です。こんにちは。
              ご訪問ありがとうございます♪
               
               今日は、ちょっとためになるお話がテーマです。
               それは、本についてです。

               最近は、「本を読まなくなった」という方も多くなりました。
              これは、学者の先生がよく言う、「マンガがいけない」というのが原因ではなく、時間の使い方、ライフスタイルが昔と変わったからだと私は考えています。

              どういうことか? というと、家にいる時間のなかで、昔はTVが王様でした。

              しかし2005年の今は、TVだけでなく、メールやゲーム、インターネットもあります。
              一日のうちで、やることがたくさんあると、本1冊読むのにかかる「数時間」というまとまった単位をなかなか見つけられなくなる。

              そういうわけで、本を読む習慣が、皆減っているのかな? と私は推測しています。

              ただ、物事を学ぶ上で、本は今でも重要なポジションを示しています。
              本を買うとき、期待しているのは中身です。
              その中身に、値段に見合う価値を見つけられるか?

               例えば、1500円の本を購入したときに、本の中身に、10コ、いいところがみつかったとします。
              すると、1500円の本で、10コ、いいところがみつかったのですから、役立つ情報1つにつき、150円で買えたことになります。

              役立つ情報1つが150円

              これは結構お得だと思いませんか?

              秋といえば、「読書の秋」です。
               たまには近所の本屋さんを見てみませんか?
              その他 | - | trackbacks(1) | - | -
              entry_bottom
              バッハの自筆アリアを発見
              0
                バッハの自筆アリアを発見 独ワイマールの図書館で
                2005年 6月 8日 (共同ニュースより)

                 【ベルリン8日共同】ドイツ・ライプチヒのバッハ公文書館は8日、今まで知られていなかったヨハン・セバスチャン・バッハ(1685−1750年)の自筆楽譜が見つかったことを明らかにした。

                発見されたのはバッハが宮廷オルガン奏者として働いていたザクセン・ワイマール公国のウィルヘルム・エルンスト大公の52歳の誕生日のプレゼントとして書かれた1713年の作品で、弦楽器の伴奏によるアリア。

                昨年9月に火事に見舞われた、ワイマールのアンナ・アマリア図書館の保管文書分類作業の過程で見つかった。公文書館のクレメン調査員は「存在さえ知られていなかった画期的発見だ。さらに夢のような発見がありそうだ」と語った。

                ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

                 火事に見舞われてよかったですね。
                 いや、よかったのか?
                 災い転じて福となす というか、まあ火事は不幸ですが、その火事があったことで、結果的に貴重な楽譜が見つかったということで……。
                その他 | - | trackbacks(0) | - | -
                entry_bottom
                大ヒットしたクラシックCD
                0
                   名曲100選が 6枚3000円

                   J−POP主流のCD販売チャートに異変だ。クラシックの名曲100曲を集めた
                  「ベストクラシック100」(東芝EMI、6枚組3000円)
                  が、きょう30日付オリコンチャートで12位にランクされ、注目されている。CDセールス全般が厳しい中、どんな仕掛けが奏功したか。

                   同アルバムは、バッハの「トッカータとフーガ」、ベートーベンの「運命」、チャイコフスキーの「花のワルツ」など定番の人気曲を100曲収録。

                   「クライマックスを集めた通常のベストと違い、これは通しで収録し、6枚で約7時間もあるのに破格の3000円。やられなと思いました」(業界関係者)

                   販売元によると、4月13日の発売以来、約1カ月半で15万枚を販売。1万枚で大ヒットとされるクラシックでは異例。景気に回復感が見えるとはいえ、庶民には1枚あたり500円の“デフレ価格”が支持されるのか。

                   「クラシックを聴きたいと思っていても、何から聴けばいいか分からなかった人たちにアピールした。このアルバムはほとんどを網羅しているので助かる−という声が多い」(販売店の売り場担当者)

                   ディスク別に「元気が出る…」、「リラクシング…」など、リスナーの気分に合わせて分類してあるのも人気の理由。

                   「最近、高級車のCMにクラシックが使われることが多く、親しみを感じる人が増えている。その時勢に破格の価格でフルアルバムをいち早く出したのがポイント」(音楽評論家の反畑誠一氏)

                   さまざまなアーティストの、おいしいとこ取りをするコンピレーション盤の制作担当者にはアイデアマンが多い。これに“足で稼ぐ”若いスタッフが多い東芝EMIの、制作と宣伝が車の両輪となって成功した例といえそうだ。

                  −−−−−−−−2005年05月30日 夕刊フジより−−−−−−−−−−

                   記事は、5/30で12位と語っていますが、6/3のランキングでは、
                  なんと1位になっています。

                  (上の画像の左上「前回」というボタンを押すと過去の日付が出ます)

                   何年か前、フジコ・ヘミングさんの「奇跡のカンパネラ」が大ベストセラーになったときも、新聞で記事として取り上げられましたが、それ以来の大型ヒットでしょうか?
                   ただこちらの新作CDは、「お買い得」というところにヒットの要因を見ることが出来ます。
                   
                   6枚で約7時間もあるのに破格の3000円。
                   
                   1枚アタリ……500円
                   
                   これだけあると、毎日聴いても、飽きずに楽しめます。

                   私も、買っちゃおうかなぁと思っているところで、何か、本を買うときに一緒にCDも注文しようと思っています。
                   
                   ちなみに、姉妹編として『ベスト・ピアノ100』もあります。
                   
                   作曲: ショパン, リスト, その他
                   演奏: プレトニョフ, ブーニン,アルゲリッチ,ワッツ, リヒテル, ポリーニ他
                   CD ディスク枚数: 6

                   
                  [ベスト・ピアノ100 ]
                  ベスト・ピアノ100
                  オムニバス(クラシック)
                  東芝EMI 2005/06/15
                  アマゾン価格:¥ 3,000

                  アマゾンで詳細を見る
                  知って得するお話 | - | trackbacks(0) | - | -
                  entry_bottom
                  初見のテーマ
                  0
                     ピアノが上手になる☆超簡単ヒント集の管理人です。こんにちは。
                    いつもご訪問ありがとうございます♪

                     現在、初見関連のテーマを新しく作っております。
                     その第一弾として、「音符と鍵盤を一致させる練習」に大幅な加筆修正を加えました。

                     本当は、新しいファイル用に文を書き始めたのですが、後から読み返して
                     
                    「あれ? 今まで発表していたものと内容が少しかぶってる。それなら統合して発表したほうがいいかな?」

                     と感じたので、第一弾は、過去のファイルの加筆修正という形になりました。

                     初見が苦手という方は、ご覧になってください。
                    更新のお知らせ | - | trackbacks(0) | - | -
                    entry_bottom
                    アクセスランキング
                    0
                       ピアノが上手になる☆超簡単ヒント集の管理人です。こんにちは。
                      いつもご訪問ありがとうございます♪

                      久しぶりに、当サイト内のアクセスランキングを見てみました。

                      ●メニューの部 (TOPページのメニュー)



                      順位 ページ名称
                      1位ピアノの練習法
                      2位大人の初心者
                      3位指の訓練法
                      4位ピアノの弾き方
                      5位電子ピアノの比較
                      6位電子ピアノ活用法
                      7位暗譜・その他


                       1位と2位は、いつのまにか逆転していました。
                       しかし、これを見ると、それ以上に驚く部分があります。

                       電子ピアノの比較のページが、かなり検討しているのです。
                       なぜ?
                       
                       そう思って、「検索語句レポート」を見てみました。
                      すると、ああ、なるほど。

                      「電子ピアノ」という検索キーワードが目立ちますので、それが理由なのでしょうね。

                       ちなみに、当サイトの検索キーワードは、「ピアノ」と「電子ピアノ」という単体キーワードが圧倒的に多いです。
                       
                      その他 | - | trackbacks(0) | - | -
                      entry_bottom
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>
                      recent_entry
                      archives
                      RECENT TRACKBACK
                      RECOMMEND
                      アート・オブ・ピアノ - 20世紀の偉大なピアニストたち
                      アート・オブ・ピアノ - 20世紀の偉大なピアニストたち (JUGEMレビュー »)

                      これはピアノ学習者のバイブルです。
                      ホフマン、ホロヴィッツ、ルービンシュタイン、グールド、ミケランジェリなど、すでに亡き大ピアニストの貴重な指の映像が収録されています。
                      LINK
                      PROFILE
                      MOBILE
                      qrcode
                      search