<上達のカギ>片腕より両腕で
0
    ピアノはよく、「片手ずつ練習しましょう」と指導されることがあります。
    実際に私も、そのように片手ずつ練習することもあれば、
    両手同時に練習することもあります。

    しかし、本日の毎日新聞によると、科学的には「両手同時に練習する」の
    ほうが脳の働き方からの観点では効率的なのだそうです。

     社会ニュース - 10月9日

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

    <上達のカギ>片腕より両腕で 運動、楽器など

     上達のカギは「バランス」?
     
     運動や楽器演奏で同時に両腕を動かすことを学習する場合、
     片腕ずつ練習してもさほど上達が見込めないことを、東京大とカナダ・クイーンズ大の
     共同チームが実験で見つけた。
     
     スポーツや音楽の練習のほか、まひした腕のリハビリを効果的に進める
     ヒントになりそうだ。
     米科学誌「ネイチャー・ニューロサイエンス」電子版に9日発表した。
     
     東京大大学院教育学研究科の野崎大地・助教授(身体教育科学)らは、
     左腕に一定の力を加えて動かしづらくしたうえで、動く標的に左腕、あるいは両腕を
     伸ばして触る実験を繰り返し、効果的な学習の手法を調べた。
     
     その結果、左腕だけを使い標的を触れるようになった後、右腕も同時に動かすと、
     左腕の成績は7割まで落ちた。
     
     順番を逆にして、両腕を動かしながら左腕で標的に触れるようになった後、
     左腕だけを使うと、同様に7割の能力しか発揮できなかった。
     この傾向は利き腕に関係なく見られた。
     
     研究チームは、
     
     片腕だけを動かして覚える時と、両腕を動かしながら覚える時の脳の働き方が違う
     
     と推定。
     
     片腕ずつ技術を身に着けていく練習では100%の力を発揮できない可能性がある、
     
     と分析した。
     
     野崎助教授は「両腕をバランスよく使うことが重要。
     片腕ずつ練習するにしても、もう片方の腕を動かしているイメージを常に持ち続ける
     と効果的だろう」と話す。
    ピアノ上達のヒント | - | - | - | -
    entry_bottom
    ピアノのDVD
    0
       このブログをご覧の方は、私がピアノのDVD「アートオブピアノ」を、この上なくヤバイくらい評価しているのをご存知だと思います。

       このDVDで注目すべきは、ズバリ、偉大なピアニストのピアノ奏法。
       つまり、キレイな音の秘密を見抜くこと。

       どういう手の形で、アノ音を出しているのか?

       力の入れ方、抜き方、指の角度、イスの高さ&奏者のピアノとの距離など、その映像にはいくつもの宝が詰まっています。

       普通のDVDには、ピアニスト1名しか映っていませんが、このDVDには、総勢20人弱の偉大なピアニストの映像が詰まっていますから、キレイな音の秘密を探り出す分析には最適。

       実は、このDVD以外にも、いくつかピアノのDVDを持っています。
       アートピアノの次に良かったのは、「伝説のルガーノ・リサイタル」

       これは、世界的なピアニストである ミケランジェリ (ポリーニやアルゲリッチの師匠) の演奏の映像が収録されています。

       先のアートオブピアノのDVDの中でも、ミケランジェリの映像はあったのですが、カメラの角度が手元をあまり写さない角度だったので、

      「さすがいい音出すなぁ〜、どんな弾き方してるんだろう?」
       と思いながら、ほんのわずかしか手元の映像を見れずにいましたが、このDVDでは、その手元の映像がバッチリ!

       ピアノ奏法の研究は、この2枚を参考に、それぞれの「いいところ」をうまく取り入れて、自分のものとして吸収していけば、大ピアニストの音があなたの指から! ……とはならないかもしれませんが、それまでの自分に比べて、ピアノの音は格段にキレイになると思います。

       キレイにならなければおかしいんです!
       だって、最高のお手本を目の前にしているのですからね。

       あとは、どれだけ注意力を持って、その映像から「宝」を掘り出せるか?

       ちなみに、本日アマゾンから届いたDVDは、価格が2000円台だったので、あまり期待しないで注文したのですが、
      これが意外に良かったのです。お買い得。


       ピアノ奏法の研究には向かなかったのですが(アートオブピアノのほうが圧倒的に上だった)、期待していたのはピアノ奏法ではなく、収録曲。

       なんと収録曲が、ショパンのエチュード全曲とプレリュードとソナタなんですね。

       これはいい!!

       ショパンエチュード全曲の映像っていうのは、なかなか見れる機会はないので、早速見て早速驚きました。

       「ひゃー、あの曲の指は、こうなっているのか!」と。

       もちろん、「別れの曲・黒鍵・革命・木枯らし・大洋・蝶々」も全部入っています。なんといっても、ショパンエチュード全曲ですから。

      <ショパン・ピアノ・ミュージック>24の前奏曲/12の練習曲Op.10&Op.25/他

       これは、安いのでぜひお手元においてみてください。

       このようなDVDは、「後で買おう」と油断しているとすぐに「廃盤」になってしまいますから、入手できるうちに買い! です。

       オススメ順

      1.「アートオブピアノ」−20世紀の偉大なピアニストたち−
      2.「伝説のルガーノ・リサイタル」
      3.ショパン・ピアノ・ミュージック
      ピアノ上達のヒント | - | trackbacks(0) | - | -
      entry_bottom
      右脳で弾くピアノと、左脳で弾くピアノ
      0
         ピアノが上手になる☆超簡単ヒント集の管理人です。こんにちは。

         今回のテーマは、右脳で弾くピアノと、左脳で弾くピアノ。
         その前に、右脳、左脳ってなあに??

        【右脳】イメージ機能をつかさどる

         音楽、図形感覚、絵画、幾何学などに適し、合成的、全体的、感覚的、直観的。

        【左脳型】言語機能をつかさどる、デジタル的

         言語、観念構成、算術に適し、分析的、抽象的、論理的。

         簡単に言うと、右脳は、天才モーツアルト。
         思い付きで、パパーっと作曲&演奏しちゃう。
         
         左脳は、ブラームス。
         作曲時は、眉間にしわを寄せ、ウンウン唸り、緻密な計算で曲のパーツを配置していく。演奏時も、こういう強さとテンポで弾くと、こういう音が出てくるから……とじっくり考えながら弾く。

         さて、ピアノ演奏に関して、自分はどっちのタイプでしょう?

         状況をイメージしながら、情感で弾くタイプなら右脳型。
         耳の感覚を敏感にして、自分の出す音に注意を払いながら、この音を出すには、この強さ……と、職人のように、緻密な計算で弾く人は、左脳型。

         しかし、もし右脳型の人が、左脳型で弾いてみたら、どんな音になるでしょう?
         あるいは、左脳型の人が右脳型を試してみたら、どうなるでしょう?

         意識して、脳を使い分けるのは、相当器用な人じゃないと、できませんが、電子ピアノを使えば、簡単に、実験できちゃいます。

         左耳で聞いた音は、右脳に入ります。
         右耳で聞いた音は、左脳に入ります。

         おそらく、ご存知ですよね?
         ですから、左脳型の人が、右脳型で弾きたい場合は、左耳だけイヤホンを当て、右耳からは演奏が聞こえない状態で、電子ピアノを弾いてみます。
         普段は右脳型の人が、左脳型で弾きたい場合は、逆ですね。
        (生ピアノで、試す場合は、片方の耳に、耳栓をつければ、同じ環境ができあがります)

         右脳型で弾くと、ミスは多いが、なんとなく芸術的……。
         左脳型で聞くと、音は正確だけど、もっと芸術性が欲しい……。

         そんな感想を持たれるのではないでしょうか?
        ピアノ上達のヒント | - | trackbacks(0) | - | -
        entry_bottom
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << October 2019 >>
        recent_entry
        archives
        RECENT TRACKBACK
        RECOMMEND
        アート・オブ・ピアノ - 20世紀の偉大なピアニストたち
        アート・オブ・ピアノ - 20世紀の偉大なピアニストたち (JUGEMレビュー »)

        これはピアノ学習者のバイブルです。
        ホフマン、ホロヴィッツ、ルービンシュタイン、グールド、ミケランジェリなど、すでに亡き大ピアニストの貴重な指の映像が収録されています。
        LINK
        PROFILE
        MOBILE
        qrcode
        search