幸せになるために
0
     ピアノが上手になる☆超簡単ヒント集の管理人です。こんにちは。

    GWは日記が飛びとびになっていて、日記ではなく、週記っぽい気配が……。(笑)

    今日は、いつも楽しみにここへ来てくださっていた方へ、しばらく更新が滞っていたお詫びの印に、ためになるお話をご紹介します。

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

     自分のことが嫌い! という方、世の中にはたくさんいますよね?
     なぜ、嫌いなのか? それは、「自分は欠点ばかり。あの欠点、この欠点が気に入らない。だから嫌い!」と本人は思っていますが、本当は違うのです。
     
    「自分に自信がないから」

     本当は、ここに理由があるのです。
     
    「自分にはこれといった長所がない」あるいは、「自分の将来が不安」そう感じてしまうと、自分のマイナスのほうばかり目が行くんですね。
     だから、これもダメだ、あれもダメだ。……自分のダメなところばかり目が行って、「ああやっぱり自分は最悪だ」とため息をつき、さらに自信をなくしていく。
     
     そんな自分を変えられるのって何だと思いますか?
     身近な人の励まし? 成功法則などの本? 考え方を変えようと、強く意識すること?
     どれも違うんです。
     
     一発で自分を変えられるのは、何かの「成功体験」を持つこと。
     
     昔、仕事も家庭も失って、自分の死まで考えていた、どん底状態の男の人が、最後に何の気なしに買った宝くじが、なんと高額当選! 10億以上も大金が一気に転がり込み、ウハウハ幸せ! 死を考えていた過去の自分がバカらしくなった! というアメリカ人の話がTVで放送されていましたが、そういうものなのです。
     何かの「成功体験」を持つこと。それだけで自分を変えられます。
     
     何でもいいんです。ダイエットか何かに成功して、会う人ほとんどの人から「キレイになったね」って言われるのでも、「ピアノが昔より上手になる」のでも。
     つまり、自分の欠点に目が行かなくなり、長所に目が向くようになれば、それで「嫌い」は克服できるはずです。
     
     努力を始める前は、「自分には到底無理だ」と思っていたものがあるとします。
     でも、途中で弱気にならず、ずっと続けることが出来て、「ムリだ」と最初に思った目標に対して、「あれれ、できちゃった」となったら自信がつきますよね? 今までのモノの見方が好転しますよね?

     自分が嫌いな人に今必要なのは、「やる気」を奮い起こして「努力」を始め、自分の人生を「良いほう」へ風向きを変えること。

     失っているのは自信だけなのです。
     だから、キッカケが必要なんです。自分を信じられるキッカケが。
     ですから、自分を信じられる一歩を踏み出してみてください。
    知って得するお話 | - | trackbacks(0) | - | -
    entry_bottom
    Trackback
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    TRACKBACK BOTTOM
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT TRACKBACK
    RECOMMEND
    アート・オブ・ピアノ - 20世紀の偉大なピアニストたち
    アート・オブ・ピアノ - 20世紀の偉大なピアニストたち (JUGEMレビュー »)

    これはピアノ学習者のバイブルです。
    ホフマン、ホロヴィッツ、ルービンシュタイン、グールド、ミケランジェリなど、すでに亡き大ピアニストの貴重な指の映像が収録されています。
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    search