バッハの自筆アリアを発見
0
    バッハの自筆アリアを発見 独ワイマールの図書館で
    2005年 6月 8日 (共同ニュースより)

     【ベルリン8日共同】ドイツ・ライプチヒのバッハ公文書館は8日、今まで知られていなかったヨハン・セバスチャン・バッハ(1685−1750年)の自筆楽譜が見つかったことを明らかにした。

    発見されたのはバッハが宮廷オルガン奏者として働いていたザクセン・ワイマール公国のウィルヘルム・エルンスト大公の52歳の誕生日のプレゼントとして書かれた1713年の作品で、弦楽器の伴奏によるアリア。

    昨年9月に火事に見舞われた、ワイマールのアンナ・アマリア図書館の保管文書分類作業の過程で見つかった。公文書館のクレメン調査員は「存在さえ知られていなかった画期的発見だ。さらに夢のような発見がありそうだ」と語った。

    ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

     火事に見舞われてよかったですね。
     いや、よかったのか?
     災い転じて福となす というか、まあ火事は不幸ですが、その火事があったことで、結果的に貴重な楽譜が見つかったということで……。
    その他 | - | trackbacks(0) | - | -
    entry_bottom
    Trackback
    この記事のトラックバックURL
    http://osirase.happypianist.net/trackback/175592
    TRACKBACK BOTTOM
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    recent_entry
    archives
    RECENT TRACKBACK
    RECOMMEND
    アート・オブ・ピアノ - 20世紀の偉大なピアニストたち
    アート・オブ・ピアノ - 20世紀の偉大なピアニストたち (JUGEMレビュー »)

    これはピアノ学習者のバイブルです。
    ホフマン、ホロヴィッツ、ルービンシュタイン、グールド、ミケランジェリなど、すでに亡き大ピアニストの貴重な指の映像が収録されています。
    LINK
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    search